ホームページを作る前

ホームページの中身の準備について②⼩さなお店に必要⼗分な画⾯数とは

ホームページの中身の準備について②小さなお店に必要十分な画面数とは

さぁホームページを作ろうと思ったら、まずは先に決めておきたことがドメインやメールのことでした。

それが決まったらいよいよホームページという箱に入れる中身、コンテンツについて準備していきます。

ホームページの中身の準備①売れるための文章って何が必要?
ホームページの中身の準備について①売れるための文章って何が必要? ジンドゥー(Jimdo)・Wixでホームページを作る前に知っておきたい3つのこと、その一つ目の項目はドメインやメールのことでした。 ...

前回は「売れるための文章」についてお伝えしたのでこの記事では、ホームページの文章づくりを始めたユーザーにからよく受けた「ホームページに必要な画面数」についてお伝えします。

⼩さなお店に必要⼗分な画⾯数とは

「ちゃんとしたホームページの画面数ってどれぐらいですか?」

「1画面だとだめですか?」

画面数をどうするかは、コンテンツ量を先に考慮するといいです。

前回の記事でもあげた紙媒体のチラシでいえばA4サイズ2枚、または1枚分。

⼩さな飲⾷店やおうちのエステサロンさんなどで、A4で1枚なら、トップの1画⾯だけでも⼗分です。

メニューの数が多いなど、複数画⾯に分割した方が分かりやすいようでしたら、トップページにお店の情報を要約したA4サイズ1枚分、あとは他の画⾯に分散します。

「トップページ」「メニュー」「会社概要(About)」「アクセス情報」「お問合せ」

トップページでほぼ概要がつかめるとユーザーにやさしいです。

概要を見て掘り下げたくなれば別ページに飛ぶ動線を作ります。

(※他にも「プライバシーポリシー」「特定商取引法の表記」が必要な場合もあります。これらについては別の記事で説明します。)

ただノンデザイナーがホームページを作成すると、画⾯数が多くなってしまう傾向があります。

そうなると画⾯数が多くなると更新が⼤変になったり、メニューが並び過ぎて⾒た⽬のバランスが悪くなることも。

それに携帯で⾒るとメニューが並びすぎて最後まで読めなくなることもあります。

業種によっては携帯からの閲覧が80%を超える場合もあるので、携帯からどう見えるかは重要な方も多いです。

ご注意くださいね。

必要最低限と、閲覧者からの分かりやすさを意識してみてください。

このホームページの画面構成分かりやすい!と感じる他のホームページを参考にしてもよいでしょう。

その際同業者のホームページではなく、他の業種のホームページを見て参考にするのがコツです。

第三者視点を心がけてみてください。

次回は「③使うと損する⽂章表現」

ホームページの中身の準備について③使うと損する文章・表現
ホームページの中身の準備について③使うと損する⽂章・表現 ⾃分のよいところを伝える⾃⼰紹介って難しくありませんか? 逆に他の⼈のよいところを紹介するのはそれに⽐べ易しく感じませんか? ...
マニュアル

マニュアルページにホームページの作り方の目次をリストアップしています。学習にご活用ください。

まとめて読みたい方、印刷したい方はPDFを

スポンサーリンク