HPの作り方

ホームページには何を載せたらいい?

こんにちは、ブログ運営者のとどけるデザインです。

このブログではホームページ初心者の小さなお店やサロンの方が、使いやすく続けやすいホームページの作り方をお伝えしています。

非デザイナーがジンドゥークリエイターでホームページを作ろうとした時、まず止まってしまうのが「ホームページに何を載せたらいいのか」ではないでしょうか。

更新をしなくて済むよう、必要最低限の情報を記載

「ホームページは更新しなければダメ。積極的に更新しましょう」と耳にしたことがある方も多いとは思いますが、小さなお店やサロンでそこまでできる方はほとんどいませんでした。

詳しく情報を出しすぎると変更があった時の更新作業は大変です。

ですので私が推奨しているのは、ホームページには変更が少ないお店の住所や電話番号などの問い合わせ先、サービス概要、雰囲気がわかる写真など必要最低限の情報の掲載です。

それだけならほとんどホームページの更新を行わなくても大丈夫です。

その代わり、SNS(何を使ったら良いかわからない方にはインスタグラムを推奨)で新鮮な情報を発信する。そして以下のようにジンドゥークリエイターで作るホームページに埋め込みまでしたらベストです。

ジンドゥークリエイターで作るおしゃれ・シンプル・ナチュラルなデザインのホームページ

サンプルページ▶︎ https://buzen-wk-test.jimdofree.com/

お問合せフォームを設置する方は「プライバシーポリシー」を載せましょう

ホームページにお問合せフォームを設置して、名前やメールアドレスの項目を設定するなら(フォームを設置する方のほとんどがそうだと思いますが)プライバシーポリシーの記載がホームページには基本的に必要です。

罰則は今のところ無いようですが、お店や会社の信頼感のために記載をお勧めします。

法整備も今後進むことはあっても、緩むことは無いと予想されています。

まとめ

パソコンが好きな方ならともかく、パソコンは苦手な方が本業以外のために疲弊してしまうのはおすすめできません。

しかし現代社会でホームページやSNSなど発信手段を持たなければ、問い合わせや依頼の機会を失う可能性が大きくなっています。

ですので、できるだけ簡単で続けやすい方法を知っていただけたらと思います。